胡蝶蘭を通販で送るなら

胡蝶蘭通販

 

記念日や一般的なお祝い事、開店祝いなどのイベントでは、花を贈る習慣があります。持ち運びに便利な花束を利用することも目立ちますが、華やかさを最大限に演出するには胡蝶蘭を用いることも良い方法です。立体的な構図を持っていて、3本立てや5本立てなどサイズは数多くの中から選べます。色もホワイトからイエロー、ピンクやレッドなど様々なものがあり、単色から複数のアレンジまで利用するシーンに合わせて選べることも魅力的です。胡蝶蘭を通販で送ることを考えている方は、今ではインターネットから注文することが多いものです。スマートホンからでも簡単にお花屋さんを見つけることができるので、手軽に購入できるメリットはあります。

 

胡蝶蘭を通販で買うには、注意点も必要と考えることが基本です。小さな規模の花屋さんの場合、送られた時には見頃が終わってしまっていたり、金額の割には貧相な見栄えになることも決してゼロとは言い切れません。できるだけ胡蝶蘭の通販を得意分野にしている花屋さんを利用することは大前提です。実際にインターネットで調べてみた際にも、胡蝶蘭の通販に特化しているショップも見つけることができます。専門といっても安心するには問題はあります。どうしても通販で送るには、移動時間が出てしまいます。花の管理をしっかりと行っていることや、配送時に花が枯れてしまうことが無いように、きちんとした梱包を行っていること、フラワーアレンジメントの技量に優れていることもチェックしたい項目です。全てをクリアしている花屋さんは存在しているので、住んでいるエリアに対応していて、尚且つ対応時間も適切であれば問題は無いと判断できます。後は花屋さん自体の評判も重要です。

 

インターネットという環境故に、利用者からの口コミが掲載されていることが多々あります。優れた口コミと共に、リピーターが多いと判断できる花屋さん場合、対応力や料金も含めて満足度の高い場合は優れたお店として安心して利用できる条件が整っています。

胡蝶蘭の値段について

胡蝶蘭値段

 

胡蝶蘭の値段はタイプによって大きく異なります。本数が多い花は価格も高めになる傾向があるのです。この花には色々なタイプがあって、2本立や5本立や7本立などがあります。鉢に植えられている茎は1本だけでなく複数本になっている事も多いですが、それも色々な本数があるのです。

 

その本数と価格との相関関係がある訳ですが、例えば2本立の蘭であれば16,000円台だとすると、5本立の蘭は33,000円台といった具合になります。7本立ですと、5万円台になっている商品も多いです。本数が多ければ植物のボリュームも多くなりますから、それだけ価格も高めになる傾向があります。
またこの植物を販売しているお店は、各商品に対するグレードやランクを定めている事も多いです。そのランクも価格に関わってくるケースがあり、例えばAランクの商品は3万円台ですが、Cランクの商品は2万円台といった具合になります。高級な蘭の場合は、価格も高めになる事が多いです。

 

また形状や大きさも価格を左右します。蘭には色々な形があって、ハート形になっている商品もあれば、やや花が大きな商品もあるのです。前者のハート形の商品の場合は、価格は高めになる傾向があります。例えば2本立のハート形の蘭は29,000円台になるものの、そうでない蘭は21,000円台といった具合です。色も価格を左右します。青色が入った花の場合は、価格は高めになる事が多いです。例えば青と紫の商品は3万円台になるものの、白色の商品は21,000円といった具合になります。価格が最も安いのは、白い色の蘭です。白色であれば2万円前後になる事も多いです。ですから蘭の価格は色々な要素に左右されます。ただこの植物の価格は、10万円を超えるケースは殆どありません。高くても9万円台になる傾向があり、殆どの商品は3万円台や4万円台になります。2本立など株の本数が少ない商品であれば、1万円台や2万円台になる事が多いです。

胡蝶蘭の花言葉について

胡蝶蘭花言葉

 

御祝い事には多く用いられることもある胡蝶蘭ですが、花を贈る際に気になることの一つに花言葉があります。胡蝶蘭が持つ花言葉としては、幸福が飛来する、純粋な愛情などがあげられます。胡蝶蘭は蝶が舞っているかのように見える姿であることから、幸福がひらひらと舞いこんでくることなどが連想されることでしょう。またこれは胡蝶蘭全体に共通している花言葉であり、カラー別に異なる意味も持ち合わせています。

 

まず白の場合には清純という花言葉があげられます。胡蝶蘭の定番は白ですが、透き通るような美しい白さを持っています。白と言えば結婚式や結婚祝いの花束としてもぴったりの色で、白無垢などが連想されることもあるでしょう。そしてピンク色の場合はあなたを愛するという言葉があります。告白やプロポーズのシーンにもお似合いの色といえるでしょう。また恋人同士ではなくても、自分の家族や友人へ親愛の心を示すためにもぴったりの色です。特に母の日などに贈るプレゼントにもぴったりと言えます。また青色の胡蝶蘭の場合には、愛や尊敬などの花言葉が挙げられます。青は2014年に開発された新しい品種で、珍しい色なので特別感を演出できる色と言えます。青は性別を問わず好かれる色なので、友人や家族への特別な贈り物などにもぴったりです。そのほかにも紫や黄色、紅白などの珍しい色も存在しています。

 

しかし白やピンク、青以外の色には特別な花言葉は存在していません。しかし胡蝶蘭には幸福が飛来する、純粋な愛情などの共通の意味があるので、お祝い事をはじめとした贈り物に様々な色の胡蝶蘭を贈っても特に問題が生じることはありません。黄色は平和を象徴する色でもあり、紫には高貴なイメージを持つ人も多いので、贈る相手やシーンなどをよく考えて色を選ぶことが大切です。特に家族や友人への贈り物、取引き先の御祝い事などには、幸せを運んでくる意味を持つことからぴったりと言えるでしょう。

胡蝶蘭の植え方について

胡蝶蘭植え方

 

胡蝶蘭は熱帯の原生林について根を伸ばし成長する植物であるため、温度の高い時期の前に植えるのが非常に良い方法です。植える際には根の成長を促すように古くなった水ゴケやバーク材などを交換し、きれいな水を吸い上げることができるようにすることが非常に重要となります。特に、端を成長させるために多くの水を吸い上げるため、花が終わった後は根の周辺が傷んでいることが多いので、丁寧に植えることが重要です。

 

胡蝶蘭の根は非常に太くしっかりとしているのですが、2年や3年同じ鉢に植えていると密生してきてしまい水を上手に出上げられなくなってしまうことになるため、大きめの鉢に植え替えることが必要です。特に水ゴケを使用している場合には3年程度で汚れてきてしまうので、交換することも必要となります。この際には古く傷んでいる部分を取り除いて植え替えるのが上手な植え方となっています。バーク材を使用している場合には、基本的には周辺の傷んでいる部分を取り除きそのまま大きめの鉢に植え替えれば良いのですが、水ゴケの場合には古くなった部分を取り除き、新しい水ゴケを入れなければならないため注意が必要です。その場合には根から水ゴケを丁寧に取り除くとともに、根の傷んだ部分をハサミで切り落とし、同時に葉の変色した部分をとってしまうことが必要となります。その後水ゴケを丁寧に根に巻き付け、大きめの鉢に移して安定させることが大切です。

 

胡蝶蘭の植え方はコツがわかってしまうと比較的簡単なものですが、時期や方法を誤ると花が咲かなくなってしまうので注意をしなければなりません。大切なのは夏の暑くなる前、花が終わった時期がそのタイミングであると言うことと、根を健康な状態に保つために定期的にこの部分のメンテナンスを行っておくことが必要だという点です。胡蝶蘭は夏の暑い時期に成長するため、暑い時期に植え替えるのが良いと考えている人も多いのですが、その時期は成長が非常に早いため植え替えに向かないと言うことを覚えておくことが大切になります。

TOPへ